粉洗剤の詰め替え容器は白がいい!重曹入れにもおすすめなモノ見つけました

粉洗剤の詰め替え容器は白がいい!重曹入れにもおすすめなモノ見つけました


粉石けんに重曹、酸素系漂白剤・・・どんどん増えていく粉もの洗剤。

機能的でおしゃれな容器を見つけました!

スペックやおすすめポイントなどをご紹介します。

スポンサーリンク

粉洗剤の詰め替え容器ジプシーに終止符のお知らせ

なにかとごちゃつきやすい、家事用品。

シンプル&ミニマムにしたいけれど汚れによって洗剤を使い分ける必要がでてしまって気がつけば種類が増えがちです。

種類が増えた分、とりあえず見た目をスッキリさせたいと思う人は多いのではないでしょうか。

そんなときに役立つのは保存容器を統一するというテクです。

しかしどれを買えばいいのか悩んだまましっくりくるものに出会えないでいました・・・。

ところが身近なスーパーで “ピン!” と来るものに出会ってしまいました。

それは

大手スーパー「イオン」のプライベートブランド

「トップバリュー HOME COORDY」の保存容器でした。

ワンプッシュコンテナ

ワンプッシュコンテナシリーズです。

本体はAS樹脂でできています。

AS樹脂(SAN)は、ポリスチレン(PS)を改良されて作られたもので透明性が高く、キズに強いので美しさが長持ちするという特性があります。

耐熱性もあり、100℃~-20℃までOKです。

粉洗剤の容器は白がいいと決めてる人にピッタリ

スッキリ清潔な印象のある白で統一するのがうるさくなく収納できるコツですよね。

自分でアレコレ考えて美しく収納していく自信がないので、とりあえず白にしておけば安心な私です。

ワンプッシュコンテナ

大きいサイズの2.4Lと2.8Lの容器にはハンドルがついています。

(写真は2.8L)

ハンドルがついていると中身が入って重くなっても持ち運びしやすいです。

フタの部分は枠をクルリと180度(半回転)回すとはずれます。

これは洗いやすくていいですね!

またパッキンも取り外すことができます。

尚、本体・フタ部分は100℃ですが、パッキンの耐熱温度は140℃です。

フタは後ろに押し倒すようにすると固定されます。

手も入るので中身が少なくなっても底に届きます。

とりあえずミヨシの「お肌のためのせっけん」洗濯せっけんが袋のままだったので、さっそく詰め替えてみました。

まだ4回ほどしか使ってないので中身そんなに減っていません。元々1kg入りのものでした。

スポンサーリンク

重曹の容器にもおすすめです♪

重曹など大きな袋入りで買ってきた場合、そのままだと使いづらいので今までは空き瓶などに詰め替えていたのですが、スクリュー式の蓋がキシキシして気になっていたんです。

でもこのワンプッシュコンテナなら名前の通り指で一押しすると蓋が開け閉めできるので快適です。

まとめてみますと、

ワンプッシュコンテナの優れたところ

  • 透明のフタと本体で中身がどの角度からもよく見える
  • 密封力の高いパッキン
  • 指1本でフタの開け閉めができる
  • 口が広く中身が取り出しやすい、洗いやすい
  • 角型で収納スペースが有効利用できる
  • ガラスでないので軽い

フレッシュロックとのちがい

特徴と形状を見て、同じく保存容器で定番のTAKEYA フレッシュロックシリーズを思い浮かべる方もいると思います。

フレッシュロックシリーズは抹茶色のような緑のパッキンが苦手で、今まで候補から外れていたのです。

ところが知らない間に白いパッキンのものもでたのですね。

見た目の方はこれで五分五分といった勝負になりました。

では他の点ではどうでしょうか・・・?

耐熱温度

フレッシュロックは60℃、ワンプッシュコンテナは100℃
100℃ですと熱湯消毒ができるので食品の保存にいいですね。

食器乾燥機

耐熱温度のちがいにより、フレッシュロックは食洗器不可ですが、ワンプッシュコンテナはOKです。

価格

値段はフレッシュロックのほうが安いです。
1.1Lサイズのものを比較してみますと、フレッシュロックは570円(税込で615円)くらいで売られていました。
一方、同じ1.1Lサイズのワンプッシュコンテナは748円(税込で807円)です。

AEON 【HOME COORDY】 ワンプッシュコンテナ
icon

サイズ展開

フレッシュロックの白パッキンシリーズは6種類
300ml・500ml・800ml・1.1L・1.4L・1.7L

ワンプッシュコンテナは8種類
300ml・500ml・850ml・1.1L・1.6L・1.9L・2.4L・2.8L

ただ、フレッシュロックは緑のパッキンシリーズや丸型シリーズもあります。
別売りの白いパッキンにすれば色も統一されますので、モノに合わせた使い道ができていいですね。

開閉について

どちらも片手ポン!と開け閉めできます。
ワンプッシュコンテナはその名のとおり指一本で押すだけです。

フレッシュロックは親指をひっかける必要があり、指一本でというより片手で開け閉めという感じです。
お年寄りや子どもにはワンプッシュが楽かもしれませんが、何か物が強く当たった拍子にワンプッシュだと開く可能性はあります。
地震とかで上から物が落ちてきたとか。

でもまぁ、そんな不便な場面はあまりないと思いますので好みで選んでいいと思います。

どこで売ってる?

フレッシュロックはニトリやロフト、ライフで売っていたのを見ました。
ワンプッリュコンテナはイオンです。
売り場が近くて買い足しやすい方で揃えるのも手ですね。

さいごに

どちらも安心の日本製というのもうれしいですね!

トップバリューのワンプッシュコンテナは見た目もシンプルで、使い勝手もよさそうです。

乾物などの食品を保存するのにも密閉性が高いので使えます。

一気に揃えるとSNS投稿にあるようなおしゃれ収納になりそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする