子どもの習い事 | こういうこと

子どもの習い事一覧

子供が水泳の進級テストに受からない!スイミングを辞める理由とタイミングについて考えてみた

幼稚園の年少から年長まで3年間通わせた水泳教室。 なかなか進級できず、小学校にあがるタイミングでやめることにしました。 なかなか進級しないくらいで、まだ6歳なのにどうして辞めさせたのかという理由や スイミングスクールのどんなところが(息子には)良くなかったのかと真剣に考えてみたことを書いています。

コーディネーショントレーニングの意味と子どもの運動能力の発達について

コーディネーショントレーニング(coordinetion training)とは何かを説明します。 今、子どもの体操教室では『コーディネーショントレーニング』を取り入れているクラスが人気です。 サッカー教室などでもコーディネーション論理を基にトレーニング方法を組み立てているところが増えているようです。 ところで、このコーディネーショントレーニングとはいったいどんなものかご存知でしょうか。

幼児フィギュアスケート教室の始め方4 | 中部のアイススケートリンク

中部の中でも愛知「名古屋地区」はとりわけフィギュアの盛んな地域です。偉大な選手を多く輩出し、有名なコーチも揃っているフィギュア王国です。名古屋はフィギュアスケートへの関心が高い地域で、リンク施設も充実していて環境が整っているのですが、人気の高さゆえ、クラスによっては満員状態となっています。 それでも探せばどこかには入れるということなので、あきらめずにリサーチしてみましょう。

幼児フィギュアスケート教室の始め方3 | 関東のアイススケートリンク

関東でスケートを始めるのは少し大変かもしれません。通年型リンクも多く、各リンクで教室はしっかり用意されているのですが、満員で順番待ちになっているようです。 大会が東京は「東京ブロック」、神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨が「関東ブロック」になっていることからもわかるように競技人口が多いのです。

幼児フィギュアスケート教室の始め方2 | 関西のアイススケートリンク

関西では閉鎖するリンクもあればオープンするリンクもあり、リンクの整備が進んでいます。教室はどこも入りやすいと思います。 インストラクターやコーチにも恵まれている環境で、気軽に習える土日クラス、幼児クラスでもスピンやジャンプまで教えてくれるクラスまでと多彩です。

幼児フィギュアスケート教室の始め方1 | 始めるまでの流れと親の心構え

2018年冬季オリンピック(韓国、平昌)の開催ももう目前!盛り上がること間違いなしの今季のフィギュアスケート。子どもの習い事としても人気が高い理由はご存知でしょうか?この記事では小さいお子さんが初めてフィギュアスケートを習ってみたいとなったときに、どういった流れで始めるのかをご案内します。