ぶりあん あべのアポロビル店の牛タンハンバーグのランチは大人気!

ぶりあん あべのアポロビル店の牛タンハンバーグのランチは大人気!

ランチ

天王寺で外食するときに時々訪れる「ぶりあん あべのアポロビル店」の紹介です。

こちらは「大阪オリジナルな牛タンはこれです!」と紹介したくなる仙台のものとはまた違う美味しさの牛タンステーキです。

今回はあべのハルカス美術館で開催中の「ジブリの立体建造物展」に向かう前に寄ってきました。

すでにランチどきのショッピング街ではレストランで席をとるのに苦労しますが、穴場のお店を知っていると便利ですよ。

スポンサーリンク
  

ぶりあんでおすすめの牛タンハンバーグと熟成トロタンステーキのお味

「ぶりあん」には美味しそうなメニューがいろいろあるのですが、牛タンステーキとタンバーグしか今まで食べたことがありません。美味しい記憶でついリピートしてしまいます。

どちらも熱々の鉄板に乗せられてやってきますよ~。

ぶりあん「特選厚切りトロタンステーキ」のお味

 

仙台の牛タンとの違いは、独自の仕込み方法にあります。
厳選した牧場指定で牛タンを仕入れ、15種類の秘伝スパイスで味付けし、熟成させているのです。

焼き方のおすすめはミディアムレアで、オーダー時に何も言わないと自動的にミディアムレアで出てきます。
噛むと弾力がある歯ごたえと柔らかさが食べやすくてお肉のお味がじゅわ~と口の中に広がります。
シンプルながらも深い味わいで「牛タン食べてる!」という食べ応えが味わえます。

卓上には自分で味を好きに調整できるようにソースや調味料がおいてあります。
種類は9つで、塩コショウ、ぶりあんスパイス、ぽん酢、からし、ニンニク、出汁醤油、わさび、島唐辛子、ぶりあんソースとなります。

つけあわせのモヤシに「ぶりあんソース」をかけるのが美味しくておすすめです。
ぶりあんソースは醤油ベースのフルーティーな甘さで焼いた野菜によく合います。(野菜といってもモヤシだけなんですが、きっと焼きトウモロコシにも合うはず!)

私はお肉にはソースや調味料はかけないのですが(そのままでも美味しい!)、ぶりあんスパイスが人気のようですよ。
「特選厚切りトロタンステーキ」は100gあたり269kcalです。

ぶりあん「あらびき照りたまタンバーグステーキ」のお味

 

ぶりあんのハンバーグには「牛タン」が入っていて「タンバーグ」と呼ばれます。
自家製の牛タンミンチと厳選した黒毛和牛と国産ポークが黄金比率の配合で丁寧に手ごねされ、ジューシーなあらびきタンバーグとなっています。

このタンバーグはとても人気があって私たちが行った時間(12時すぎ)でもうラストとなりました。
最後の一つが食べられて良かったです。後から来た人もタンバーグを注文する人が多かったのですが、断られていました。(ゴメンナサイ!)

タンバーグは歯ごたえがあり、ぶりあん自家製の照り焼きソースがとっても美味しいです。
半熟目玉焼きが乗っかっているのも満足度アップです。

いずれもランチはとてもお得でして、サラダ、麦ご飯(お代わり自由)、お味噌汁付きです。VECKのガラス瓶に入ったお漬物三種類も食べ放題です。
この日は、ゆず大根、シバ漬け、ツボ漬けでした。取り分ける小皿が予め席においてあるというさりげない気遣いもうれしいです。
「あらびき照りたまタンバーグステーキ」は100gあたり350kcalです。

ぶりあん あべのアポロビル店の雰囲気と子どもの対応

ぶりあん あべのアポロビル店の雰囲気

テーブル席もありますがカウンター中心ですので、カジュアルな雰囲気です。

スポンサーリンク

ひとりでも気軽に入れますし、ビルの地下の奥まったところにあるので穴場的な雰囲気もあります。庶民的な感じなので“隠れ家風”ではありません。

私が行くのは土日のランチか早い目の夕食(5時前後)ばかりですので平日の様子は分からないのですが、観光客はおらず、地元の大阪の人が多いような気がします。

20代~40代のおひとりさまか又は2~3人で来て、さっと入って食べて、出て行くといった感じで回転が早いです。

女性、男性の割合も同じくらいです。

うちは子ども(6歳)を連れていましたが、特に場違いといったこともなくお子様用のプレートやフォークスプーンもちゃんと用意してくれています。

カジュアルと言ってもベラベラしゃべるうるさいお客はいません。

カウンター席からお店の人がステーキを手際よく焼いている様子を眺められるので子どもも居心地は悪くないようです。

今回私の料理を子どもに取り分けしましたが、お店の人も嫌な顔もせず普通に(←ファストフード店のような愛想はないのですが)対応してくれてありがたかったです。(子供向けのメニューや少量のメニューはなく、大人用ではひとりでとても食べきれないので私のランチのお肉の量を追加オーダーして取り分けました。)

ぶりあん あべのアポロビル店の情報とハルカスからの行き方

ぶりあん あべのアポロビル店 情報

住所 :大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31 アポロビル B2F
電話 :06-6556-6699
営業時間 :LUNCH 11:00~14:30  DINNER 14:30~21:30(L.O. 21:00)
定休日:年中無休
客席 :カウンター10席、2人掛けテーブル×3
喫煙 :ランチタイム禁煙 ディナータイム喫煙可
駐車場:無(周辺に有料コインパーキングあり)
予算 :昼、夜ともに 1,000~2,000円

土曜と日曜にもランチあります。

中央区高津にある「ぶりあん 松屋町店」の2号店になります。

ぶりあん あべのアポロビル店へのハルカスからの行き方

あべのハルカス美術館から向かう場合は地下街が繋がっていますから雨の日でも傘をささずに行けますよ。

ただ、大阪の町に慣れていない人には地下街は複雑に感じるかもしれません。(梅田や難波の地下街をスイスイ歩けるくらいの人なら楽勝です。)
「あべのアポロビル」までの道順はまだいいのですが、私はアポロビルの地下に着いてから「ぶりあん」を探すのにいつもちょっと迷います。

大阪阿部野橋駅とJR・大阪市営地下鉄天王寺駅からも地下通路で直結しています。

地下通路が苦手な人は、ハルカスのエレベーターを2階で降りて阿倍野歩道橋で「アポロビル」に向かうこともできます。
阿倍野歩道橋より南西階段を下りますと、みずほ銀行を超えて左側にアポロビルがあります。

まとめ

「ぶりあん」のお店の雰囲気はカジュアルですから気楽に行けますし、ふらっと行ってすぐ安くて美味しいものが食べられるのもおすすめです。

お肉の量も選べますし、ご飯もおかわり自由、ソースや調味料・お漬物も揃えられていて食べて満足できること間違いなしです。

2017年 12月2日(土) ~ 2018年 2月5日(月)の間「ジブリの立体建造物展」がお店の近くで開催されています。
ご興味があるかたはレポを書いておりますので、よろしかったらどうぞです。
(終了いたしました。追記)

ジブリの立体建造物展が大阪で開催中2017 | 感想と混雑状況とグッズ情報レポ

おすすめの穴場カフェの記事もあります。

チャオプレッソあべのハルカス店は絶景とラテアートが楽しめる穴場カフェ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする