浴衣のときブラジャーやパンツはどうするの?正しい着方と下着の選び方

浴衣のときブラジャーやパンツはどうするの?正しい着方と下着の選び方

浴衣
浴衣のときってブラジャーは付けないと聞くけどどうしたらいいの?

パンツのラインがでると格好悪い!

七夕や夏祭りに浴衣でのお出かけは、雰囲気がでていいですよね。でも先にあげたようなお悩みはありませんか?浴衣は着物ほどきっちりとしたルールがない分、どこまで和装の着付けを守ればいいのかも曖昧になりがちです。

今回は浴衣の下に着る肌着やブラ、パンツについて何を気をつけていればOKなのかというお話しです。

スポンサーリンク

浴衣にブラジャーはつけるの?

浴衣も着物の一種ではあるのですが、昔はどちらかというと湯上りに着たり、寝間着としたりするものでした。ですからブラジャーはしないのが普通です。しかし今は日常に着るものというよりは夏祭りやイベントで着る“外出着”として浴衣を楽しむ人の方が多いでしょう。
そういった意味では外に出るのにブラジャーをつけないのはなんだか心もとなくて不安になりますよね。多くの女性はブラジャーをして浴衣を着ています。

ただし、ブラジャーといっても普段つけているようなバストアップや体形補正のためのブラ(ワイヤーやパッド入りなど)は浴衣には合いません。

浴衣の場合、洋服の着こなしとちがって、胸を強調すると衿もとが決まらず必ず着崩れます。また帯の上に胸が乗ると太って見えますし、老けて見られます。
そしてブラジャーをつけて浴衣を着ると、帯の上線が丁度アンダーバストのあたりに来るので、ブラのワイヤーに当たって痛くなってしまいます。着けるならスポーツ用のブラがおすすめです。大きい胸の人は和装用のブラが安心です。

ブラジャーをつけない場合も対策は必要です。
ブラトップのように、薄いカップ付きタンクトップやキャミソール、肌襦袢などを着ると良いでしょう。
胸の大きい人はサラシなどでおさえるように補正する必要があります。さらしは素肌に巻くとすべってしまうため肌着の上に巻きます。押さえすぎると胸が苦しくなるのでそんなにぎゅうぎゅうと締めないようにしてください。

浴衣にパンツをはくとラインがでる?

ショーツは履くのが今は普通です。

ただし、浴衣の場合タイトスカート並にショーツのラインを気にする必要があります。普通に立っている分には気になりませんが、お辞儀をしたりするとクッキリと見えたりしてかなりひびきます。

おすすめのパンツはラインの響かないシームレスタイプです。そして浅めに履くもの(ローライズ)がトイレで着脱しやすいです。股上が浅いモノにしないと、浴衣を着る時に締める紐に下着が挟まれてしまうからです。


スポンサーリンク

浴衣の着方 下着の選び方 手持ちのものでも大丈夫!

浴衣を着るときの下着ですが、素肌(ブラはつけている)の上に直接着てしまうと汗をかいたときに浴衣が汗を吸って張り付いてしまうことがあります。ですので襦袢や浴衣用スリップを着た方が良いです。汗で張り付くと透けるだけでなく、浴衣の生地を傷めたり、白の浴衣だと帯の色が汗で浴衣に滲んだりします。

着心地は長襦袢より浴衣用のスリップが楽です。少し袖があるタイプが肩のところで貼り付かないので綺麗に着こなせます。
襦袢を持っているならば襦袢でも構いません。浴衣の下に襦袢を着用することによって、着物風に着こなすことができて上品な着こなしになります。

着物用の下着を持っていないならば綿素材のタンクトップやキャミでも良いです。ただ、後が大きめに開いているものを選ぶようにします。

浴衣姿で下着が透けてないか(見えていないか)チェックするには後ろ姿が重要です。
うなじ(首元)、背中、ヒップを確認しましょう。
また、強い光(スポットライトや逆光)が当たるとかなり透けてしまいます。出かける場所や時間帯も考えて対策が必要です。

浴衣は胸元は閉じていますが、うなじの部分(首の後ろ)は開いています。下に着ている肌着が見えないように背中側が握りこぶし1つ分以上開いているようにしましょう。手持ちのタンクトップなどを着用する場合、デザインによっては前後逆にした方がいいかもしれませんね。

また、浴衣は正面は左右の身頃で2枚重ねなので透けにくいのですが、背中やおしりのところが油断しがちです。
浴衣の下は手持ちの下着でも大丈夫ですが、上はキャミかタンクトップ、下はペチコートか膝丈位のステテコ(下ばき)という組み合わせか、膝丈くらいのスリップを1枚で着るといいです。ただ、レース付きのものは表にひびきますので、シンプルなものにしましょう。
下着の色は白か肌色ですが、白地の浴衣なら、インナーはベージュ系がおすすめです。白い浴衣に白い下着は意外とラインが映ります。

ところで、どうしても透けたりしたくない!という場合もありますよね。(お稽古の発表会で着る、撮影があるなど。)
そういう場合はどうするのかというと、居敷(いしき)という透け防止のガーゼの当て布を付ける方法もあります。ただ、それよりは浴衣スリップを用意するほうが通気性やお手入れの面で断然楽です。(基本的に浴衣には居敷当はいらないのでついていません。)

まとめ

外出するときの浴衣の下にはブラジャーとパンツ、肌着を着用しましょう。

浴衣の下につける肌着のおすすめ

  • ブラジャーはスポーツタイプか和装ブラ
  • パンツはシームレスでローライズのもの
  • 透けにくい下着の色はベージュ系
  • 汗対策に浴衣スリップかキャミソール、タンクトップ
  • 下半身の透け対策にペチコートやステテコ、膝丈くらいのスリップ

これで余計な心配をせずに夏の行事を楽しめそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする