川遊びの子供の服装や持ち物をチェック!ライフジャケットは必要?

川遊びの子供の服装や持ち物をチェック!ライフジャケットは必要?

川遊び
川遊びは子どもの好奇心・冒険心を育ててくれます!

でも実際に川に遊びに行こうと思っても服装や持ち物はどうすればよいのか自信が持てなくなったりしますよね。

どんな川でどんな遊びをするかによっても変わってきますが、川の中に入ってザブザブと歩いたり、水中の生物を観察したりといったキャンプ場の川などで遊ぶような場合を今回は想定して考えてみましょう。

スポンサーリンク

川遊びでの子供の服装はどんな風にするのがおすすめ?

子供の川遊びでは動きやすい服装が求められます。

川遊びの服装

帽子
Tシャツまたはラッシュガード
短パンまたは水着
靴下
ウォーターシューズまたは運動靴

男の子ならトランクス型の水着(サーフパンツ)はタウンユースでもおかしくないおしゃれなデザインのものがありますから、この水着に上はTシャツでいいでしょう。女の子は水着に短パンですが、デニムではなく薄い速乾性のある生地のものにしましょう。

上半身のTシャツは大きめサイズですと水に濡れて重たくなり、動きにくくなりますのでジャストサイズのものにするのがおすすめです。またラッシュガード(長袖)なら日焼け防止、虫刺され防止、ケガ防止になりますので尚良しです。

ただ、川辺でバーベキューなどされるときは火の粉でラッシュガードに穴があくと困りますから、そのときは着用しないほうが無難です。(持参して川遊びするときに着替えましょう。)

足元はケガ防止のために靴下をはいてウォーターシューズです。クロックスやビーチサンダルは砂浜ではいいのですが、川辺など石の上では滑りやすく、脱げやすくて流されてしまうことがあるので避けた方がいいです。ウォーターシューズがなければスリッポンのような運動靴でもいいです。つま先がでていないものが安全です。大きな岩がたくさんある川辺は、一見歩きやすそうなのですが水苔が生えていたりするととても滑りやすく危険です。
運動靴ですと水中では靴の中に水がたまって歩きにくいかもしれませんが、子どもはおかまいなしに動き回れます。
水遊び用の靴は濡れてしまうので、行き帰りに履く靴とは別に用意します。

帽子も必需品です。
首の後ろが焼けやすいのでつばの広いハットタイプか日よけ布がついたたれ付き帽子がいいです。

女の子で髪の長い場合は髪ゴムで髪をまとめられるようにしてくださいね。

服や帽子の色ですが、黒色はNGです。スズメバチが寄ってくるのは暗い色です。なるべく明るい色(白や黄色)のものを選びましょう。

川遊びに子供と行くときの持ち物について

まずは必需品の一覧です。

川遊びの持ち物
着替え一式
タオル
バスタオル
ウォーターシューズ
ライフジャケット
ウエットティッシュ
ペットボトルの水
飲み物(熱中症対策に水分補給)
おやつ(エネルギー補給に)
レジャーシート(荷物を置くときにも使えます)
ビニール袋、ジップロック
日焼け止め

虫対策グッズ&救急セットとして
母子手帳と保険証
虫よけスプレー(服に貼るシールタイプのものも便利です。)
虫さされ薬
絆創膏

オムツを履いている子は水遊び用のオムツも持っていきましょう。普通の紙オムツでは水を吸収してパンパンに膨らんで重たくなってしまいます。

バスタオルは身体を拭くのに使うだけでなく、寒いときにはおったり、休憩する時に地面が堅いときの敷物にしたり、着替えの時の目隠しにしたりできます。プールタオル(巻きタオル)のような役目です。

ペットボトルの水は飲料としてもいいのですが、怪我した時、傷口を洗浄するのに使えます。

ビニール袋やジップロックは大小数枚用意します。大きいサイズのものは濡れた衣類を入れて持ち帰るのに使います。またゴミは持ち帰るのが野外活動の基本です。コンビニ袋やスーパーの袋をゴミ入れにしてもいいですね。
ジップロックは虫カゴの代用として、水辺の生物を入れて観察するのにも使えます。また濡れたら困るスマホや小銭入れとしても代用できるのでいつもフル活用しています。

もちろん、お弁当を持っていくのもいいですね。油っぽいものをさけ、季節柄傷みにくい調理を心がけてください。(おにぎりは直接手で触れないようにラップを使って作る、梅干しを入れるなど)

次にあれば便利なもの、役立つもの、場合によっては必要となるものです。

あれば便利なもの

サンシェード
クーラーバッグ
雨具
防水の貴重品入れ
防水スマホケース
ポイズンリムーバー
消毒液
滅菌ガーゼ、テープ
脱脂綿、綿棒
消炎鎮痛剤
はさみ、ピンセット

川遊びを楽しむグッズとして
水中メガネ、箱メガネ(水中の魚などの生き物観察が楽しめます。)
図鑑(水辺の生き物や植物)

「サンシェード」は屋根や木陰がないところで便利です。着替えの際の目隠しにもなります。ひとつ持っていると公園やプールでも使えますよ。

「ポイズンリムーバー」とは、毒虫や毒蛇に刺されたり、咬まれた時に体内に入った毒液や毒針を吸引作用で抽出する器具です。

雨具はポンチョやレインコートなど傘より両手があくものにしましょう。
虫捕り網やケースなどもあると楽しめます。
川の水は冷たいので暖をとれるものもあるとうれしかったりします。(長袖のシャツや温かいお茶など)

スポンサーリンク

子供の川遊びにライフジャケットは必要?

川で泳いだり、カヤックに乗ったり釣りをするならば必需品といえるライフジャケットですが、ちょっと水に足をつけるくらいならいらないのでは?と思うかもしれませんね。

私もピクニックがてら立ち寄った小川程度でしたら、ライフジャケットなしで息子を遊ばせることもあります。ただ、川遊びメインで出かけるときには思いっきり遊ばせたいのでライフジャケットは必ず持っていき、着用させるようにしています。なぜかというとその川に詳しくなく、どんな危険があるのかわからないからです。

流れがなくて穏やかに見える場合でも、川の中の水の流れは複雑です。遠くの雨、前日の雨の影響で急に増水したり鉄砲水が発生したりすることもあります。

小さい子どもの場合は、家庭の浴槽のくるぶしの深さでも溺れて死ぬこともあるので、水遊びでは必需品といえます。
ライフジャケットを買うとせっかくなら使おうと思いますし、安全のために一着あるといいですよ。

また、他の子が溺れているのを見つけても泳いで助けに行くことはできません。(助けに行った大人が危険にさらされます。)そんなときにはライフジャケットを投げて助けてあげられます。

こちらはビーチで撮った写真ですが、川遊びも同じような格好です。
 lifevest-kids
子ども用のライフジャケットは股掛けベルトが付いていることが重要です。ないと水中で脱げてしまいます。

さいごに

川遊びに行くときの服装や持ち物はわかりましたでしょうか?

最近では、デイキャンプや野外活動での川遊びはたんなるレクリエーションというより幼児教育の一環として注目されています。

子供が自然の中で過ごすことは、今後の勉強意欲の向上(あと伸び力)につながりますし、知識のみより実体験があることは強い武器となります。

家族のお出かけに川にいってみましょう。きっと子どもの輝く笑顔が見られますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする