アウトドアパークin万博公園 関西でのイベントに行ってきました!

アウトドアパークin万博公園 関西でのイベントに行ってきました!

OUTDOOR PARK 2018
outdoorpark1

2018年5月19日(土)~20日(日)に大阪の万博公園でアウトドアのイベントが行われました。

初日に出掛けてきましたので、どんな様子なのかをレポートいたします。

スポンサーリンク

アウトドアパークってどんなイベント?

関西のアウトドアイベントとしては最大級の規模を誇ります。国内外のアウトドアブランドがたくさん集まり、アウトドアギアの展示や販売が行われます。使い方や設置・収納方法など質問すれば丁寧に解説してもらえ、実物を見ながらなのでとても分かりやすいです。

OUTDOOR PARK 2018 についての情報

開催日時
2018年5月19日(土)20日(日)
9:30~17:00(入場は16:30まで)

会場
万博記念公園 自然文化園 東の広場
雨天決行 荒天中止
会場に近い万博記念公園の駐車場は、東口駐車場・中央駐車場となりますが、イベント当日は大変混み合います。公共機関の利用がおすすめです。

入場料
中学生以上400円(税込)小学生以下無料
※別途、万博記念公園入園料(大人¥250・小中学生¥70)が必要です。
各プレイガイドで前売券の販売があります。前売券は日付指定なしなので当日会場の窓口で当日券と引き換える必要があります。
当日券は会場で販売されています。払い戻し不可です。

アウトドア用品のイベントでさまざまな体験ができる

会場内にはいろんなタイプのテントが展示されるので、それぞれの中に入って大きさを実感でき、シリーズ毎のイメージが分かりやすくて自分の好みを見つけられそうです。それぞれのブランドのカタログやアウトドアショップのパンフレットなども手に入ります。

珍しい海外ブランドのテントがあったり、おしゃれなギアや便利グッズがあったりして、欲しくなるものが増えてしまいそうです。
でも雑誌やネットでわからなかった違いを知ったりできて、勉強になります。これからキャンプを始める人にはもちろん、自分のスタイルに合うものを探している人も、1日でこれだけ見て回れるのはとてもいい機会です。

outdoorpark2

アウトドア用品だけではなく、アウトドア体験ができるアクティビティも充実しています。ボルダリング、スラックライン(綱渡りのようなスポーツでした)、アスレチックのようなジップ(安全装置)をつけたフォレストアドベンチャーなどがあり、子どもに大人気です。

ゲームもやっていて、輪投げゲーム(1回500円で2投できる)でスタンレーのマグがもらえました。これは3人に一人は成功できる難易度だったので、すぐに景品が出払ってしまうくらいの人気ぶりでした。

大道芸の道具で遊べるコーナーもありました。皿回しやディアボロ(中国ゴマ)などを体験できます。また、ワークショップが楽しくて、缶バッチづくりや、木彫り、珍しい鳥笛の演奏指導などがありました。野外ステージでは音楽ライブが行われていて会場全体が盛り上がっていました。

スポンサーリンク

アウトドアパークでの食事やトイレ、シェードの利用について

OUTDOOR PARKは2015年にスタートし、今年で4回目です。昨年は来場者が3万人を越え、今年も家族連れやカップル、友人グループで賑わっていました。

たくさんの人が集まるイベントに子どもを連れて行く場合、休憩スペースはあるのか、トイレや食事はどうなっているのか気になりますよね。

迷子対策は?
入口ゲート入ってすぐに迷子ワッペンが置いてありますので、名前と年齢、連絡先を書いて子どもの服に貼ってあげましょう。
迷子ワッペン

トイレは?
ゲート入って右側に常設のトイレがあり、仮設トイレもたくさん並んでいました。女性用は常設トイレは混みあっていましたが、仮設トイレは空いています。

食事は?
会場の奥にたくさんの飲食店ブースが並びます。
会場にはテーブルや椅子も用意されていますが、レジャーシートを敷いて食事しているグループも多くいます。青空の下おいしいご飯にありつけます!

「中崎ポテト」という看板のポテトがとても美味しそうだったので買ってみました。
nakazakipotato1
大阪 中崎町 天五中崎商店街の中にある人気の焼き芋屋「蜜香屋」さんのブースでした。パリパリの中崎ポテトは甘い蜜をかけてくれました。焼き芋は(安納芋なのかな?)ねっとりとクリーミーな黄金色のお芋です。
お店の方から「ぜひ皮も食べてくださいね。」と言われました。農家と一緒に土づくりからこだわったお芋を使っていて、洋菓子のスイートポテトかと思えるくらい甘いおいしい焼き芋でした。3つも入っていて、ひとつ食べたら結構お腹いっぱいになります。
nakazakipotato2

再入場はできる?
当日券を提示すれば再入場は可能とのことです。なくさないようにしましょう。

サンシェードも設置OK!
色とりどりのサンシェード(日よけの簡易テント)が並んでいました。設置するエリアは決められているそうです。会場は広いので余裕はありました。

休憩は各自持ち込んだレジャーシートでのんびり過ごすというスタイルの方が多いようでした。シートを広げるエリア、スペースはたっぷりありました。

のんびりゆったりしたイベント会場。緑豊かです。
outdoorpark3
後ろに映っているのはエキスポシティにある日本一の大観覧車です。

さいごに

アウトドアギア目当ての人も、お祭り・イベント目的の人もみんなが楽しく過ごせる場所です。盛りだくさんな内容ですが、緑あふれる広い会場は開放感たっぷりで人混みが苦手な人も無理なく楽しめます。

アウトドア用品のお店を一軒一軒回ったり、雑誌やネットで情報を仕入れるだけではなかなか自分の欲しいものに出会えませんが、ここでは良いものと巡り合えますよ。

(写真は許可を得て掲載しております。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする