大阪ガスの復旧方法 | 地震でガスが停まったときは安全装置が作動しています

大阪ガスの復旧方法 | 地震でガスが停まったときは安全装置が作動しています

6月18日 大阪で地震が発生しました。
ガスは止まっていないはずなのに、ガスコンロの火がつかない、使えないという方はいませんか?

その場合はガスメーターの操作で自分で復旧作業をすることができます。

スポンサーリンク

大阪ガスの復旧方法

注意 必ずガス漏れがしていないか確認してから復旧操作を行ってください。

地震でガスが止まっている場合、ガスメーターの扉を開けて復旧ボタンを押すとガスが再び使えるようになります。

赤いランプが点滅してガスが止まったときは

次の手順で復帰操作をして下さい。

  1. すべてのガス栓を閉める。

    注意)メーターガス栓は閉めないで下さい。

  2. 復帰ボタンのキャップをはずす。
  3. osakagas

  4. 復帰ボタンを強く押し、ランプの点灯を確認したらすぐ手をはなす。
  5. osakagas2

  6. 3分間待つ。
    ランプの点灯が消えるとガスが使えます。
  7. 復帰ボタンキャップを取り付ける。

地震でガスが止まる 安全確認の方法とは

【安全確認の手順】

(1)ガスが漏れていないか、においで確認する

(2)ガスのにおいがした場合、火気は使用しない

(3)窓を開ける

(4)ガス栓を締める

(5)ガスメーターの元栓を締める

(6)大阪ガスにガス漏れを連絡する 
  電話番号 0120-0-19424(大阪市内に住んでいる場合の連絡先)

その他の地域の連絡先は大阪ガス公式のホームページ ガス漏れ通報専用電話をご覧ください。

スポンサーリンク

ガスの安全装置が作動してしまったら

まずは“本当に安全か?”とガス漏れしていないことを確認することが大切です。

電気が使えるのであれば、とりあえず電子レンジで調理できるような食事をとるなど落ち着いて行動しましょう。(電気を使うのはガス漏れのない場合です。)

大阪ガスになかなか連絡がとれずご不安でしょうが、安全第一です。

さいごに

尚、メーターの種類によってはボタンの位置などに違いがあります。

ご自宅の復帰方法がわからない場合は、最寄りの大阪ガスへ連絡しましょう。

大阪ガスでは多くの作業が集中していて、連絡がつかないということも考えられます。

私のマンションでは、1階のホールに復旧方法が掲示されていました。

ご近所の掲示板で同じように大阪ガスから掲示されていないか確認するのも手ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする