大阪駅からスカイビルへの行き方 グランフロント近くの地下道はどうなった?

大阪駅からスカイビルへの行き方 グランフロント近くの地下道はどうなった?

梅田スカイビル
大阪駅から空中庭園のある梅田スカイビルへは徒歩で約7分です。

案内表示もありますが、階段やエスカーレータを乗り継いで行くので、慣れていないと少し不安になるかもしれません。

梅北地下道が閉鎖された後、どうやって行くのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

まずはシュミレーションするようにご案内しますので、Let’s go !です

スポンサーリンク

大阪駅からスカイビルへの行き方

まずはグランフロント大阪を目指して行くと簡単かと思います。

JRで大阪駅に到着した場合は、3階の連絡橋口の改札に行きましょう。
JR連絡橋口
JR大阪駅(構内)の電車ホームは2階ですので上にあがってくださいね。

1階の改札は4か所あります。3階の改札は1か所なので、3階からの行き方のほうがわかりやすいです。

JR大阪駅の3F連絡橋口改札からグランフロント大阪までは徒歩で約2~3分です。

改札を出て右に行くとルクア1100(イーレ)があります。

3階からエスカレーターか階段で2階のアトリウム広場まで下りましょう。

アトリウム広場のようす
大阪駅からグランフロントへ
左の建物がルクア1100で、正面の円形っぽい建物がグランフロントです。

アトリウム広場をつっきって、さらにエスカレーターで1階まで下りましょう

エスカレーター前には表示もあります
グランフロント大阪

JRホームから1階の中央口改札に出てしまった場合は?

大阪駅とルクアの間に高速バスのりばがあるため、2階のアトリウム広場まで上がることになります。

阪神電車の梅田駅から大阪駅にはどう行く?

阪神電車で梅田に来た場合は、

地下街を通って大丸まで行き、

大丸あるサウスゲートビルディングの地下1階から2階に直通のエスカレーターがあり、JR連絡橋口へ行くことができます
大丸 地下1階エスカレーター

この直通のエレベーターの周囲は現在工事中でちょっと見つけにくいのですが、阪神から大丸に向かって歩いて行き、右側にあります。

地下街MAP

連絡橋をまっすぐ進むとルクア1100になります。

グランフロントのどこを通ればわかりやすくスカイビルにたどり着ける?

グランフロントまできました。

グランフロントのビルに沿って進んで行くと目標のスカイビルも視界に入っていますし、わかりやすいです。
グランフロント大阪からスカイビルへ
グランフロント大阪の南館と北館の間くらいに横断歩道があります。

ここを渡ると梅田スカイビルへの地上歩道に行くことができます。

グランフロントの中を通ってもいける?

アトリウム広場からはグランフロント(2階)への連絡デッキがあります。

ここを通ってグランフロントビル内に入り、そのままビル内を進んでも行けますよ。

JR側から連絡デッキを進むとグランフロントの南館2階に入ります。

そのままビル内を進むと、北館との連絡デッキがあるのですが、そこを渡る手前にはエレベーターと階段があり1階に下りることができます。

また館内スカイビル寄りのところにはエスカレーターもあります。

スポンサーリンク

スカイビルへの地下道(梅北地下道)は今どうなっている?

横断歩道を渡って地上歩道に入りました。

歩行者道と自転車専用道に分かれています。

最後に地下道になります。自転車用にはスロープの降り口もあります。

エスカレーター、エレベーターはありませんので、ベビーカーや車椅子の方はスロープを利用しましょう。

以前は205mもあった長~い梅北地下道ですが、現在は40mだけ残されています。

2024年頃にはここも閉鎖されてしまうそうです。1世紀近い歴史がある地下道なので、何かの形で残しておいて欲しいような気もしますね。

北梅田駅(仮称)ができたら地下改札とつながったりするのかな?

なんとなく「うめきた」は未来的な雰囲気をだそうとすると思うので(予想)、使われないかな?

地上への階段をのぼると横断歩道があり、スカイビルに到着です

出口側の階段にもスロープがありますので、自転車、ベビーカー、車椅子の方はスロープで地上へ出ることができます。

WILLER(ウィラー)の高速バスを乗る方も、キャリーカートがあっても大丈夫です。スロープをコロコロできますし、階段はそんなにたくさんはないです。

グランフロント側から今通ってきた通路を見てると、このようになっています。
スカイビル 連絡通路
上の写真は2017年12月19日に梅北地下道が閉鎖される日に撮影したものです。

以前の地下道からそんなに離れていないので、(昔行ったことあるけど、すっかり変わっているのかな?)という方も大丈夫です。そんなに場所は変わっていません。

最後に

地下道の頃は、「行き方がわかりにくい!」と言われていましたが、道順としてはそんなに変わらないのに地上歩道ができると「わかりやすくなった」と言われています。

それでも何度も上ったり下りたりが面倒ですが、戦前の1928年に造られた梅北地下道の一部を通ることができるのもあと数年です。

今のうちに通っておくといい話のタネになるのでは?と思います。

大阪観光で訪ねてみたいところは数々ありますが、その中でも今注目されているのは梅田スカイビルの空中庭園ではないでしょうか? 梅田スカイビルが旅行者にとにかく大人気の理由や、噂の非公開エリアツアーの予約方法や料金についてご紹介いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする