SHAKE SHACK 梅田店に子連れで行ってきました! 注文方法とメニューおすすめは?

SHAKE SHACK 梅田店に子連れで行ってきました! 注文方法とメニューおすすめは?

先日息子(7才)の用事で梅田に出掛け、シェイクシャックという新しくオープンした人気のハンバーガーショップでランチをしてきました。

ちょっとおしゃれな雰囲気だけどハンバーガーショップなんだから小さい子(元気はつらつ小1男子)を連れててもいいよね?とドキドキしながら入店しました。

今回は注文方法と頼んだメニューでおいしかったおすすめのものをご紹介します。

スポンサーリンク

SHAKE SHACK梅田店のお店情報

シェイクシャック

シェイク シャック 梅田阪神店

住所 〒530-0001
大阪市北区梅田1-13-13
阪神梅田本店1F
TEL 06-6147-8340
※10,000円(税別)を超えるお持ち帰りの注文は、電話で予約ができます。(数量や時間によっては希望に添えない場合あり)
営業時間 10:00-22:00 (21:30 L.O)
定休日 不定休 施設に準ずる
平均予算 1500円~2000円
クレジットカード JCB VISA MasterCard DC UFJニコス アメックス ダイナース
※阪急阪神系のSTACIAのSポイントはつきません
席数 店内 136席 / テラス席 44席
駐車場 なし。阪神梅田本店には駐車場はありません。

お店は阪神梅田本店サウステラス1階にあります。

創業から85年の食の阪神デパートにできたハンバーガーショップということで、注目したのですが、NYや東京で人気のお店だったんですね。

大阪のメインストリートである御堂筋沿いに、ガラス張りの店内は明るくカジュアルな雰囲気です。

「Through the Window」というデザインコンセプトになっていてなんだか開放的!

ホットドッグの屋台から始まって、おしゃれなハンバーガーレストランを世界に次々オープンさせていったサクセスストーリーがあります。

尚、店内にトイレはなく、デパート2階のお手洗いを利用することになります。エレベーターで行けますが、2階のトイレはわりと混んでいます。

SHAKE SHACKでの注文方法 ちょっとだけ迷う!

注文方法は特に変わったシステムということはなかったのですが、予備知識なく入ったのでメニューを見てもどんなものかがわかりにくかった~。

そして値段を見て、普通のバーガーの倍くらいだったので

(これはきっとアメリカンサイズでビッグなのか、もしくはフレンチフライとかがてんこ盛りで添えられているスタイルなのでは?)と勝手に想像してしまいました。(子どもが少食なのであまりたくさんの量が出てくると困るのです。)

実際にはハンバーガーのサイズは普通です

フレンチフライなども付いていません。紙の袋に入ったバーガーです。

セットものもありません。

学生~大人には問題ありませんが、子どもやご年配の方にはメニューはわかりにくいかと思います。

でもお店のスタッフは愛想よく対応してくれ、カウンターで息子用にシンプルな味のものはどれか?と聞くと、丁寧に全種類のバーガーの説明をしてくれました。人気のはこれで、辛いのはこれで、中に何が入っているとか教えてくれて助かりました。

カウンターで注文して、お会計を済ますと、呼び出しブザーを渡されます。

注文してから調理されるらしく、10分くらい待つと出来上がりのブザーが鳴りました。


スポンサーリンク

SHAKE SHACKメニュー おすすめバーガーと季節のレモネード

今回注文したのは、

シャックバーガー
シュルームバーガー
フューチャードレモネード
レモネード

の4品です。お値段 2,670円(税別)。

おすすめの一品はシュルームバーガー 960円(税別)!

Shroom Burger(シュルームバーガー)は、ポートベローマッシュルームで3種のチーズを包み込み、衣をつけて揚げたシュルームに、レタス、トマト、シャックソースをトッピングされているハンバーガーです。

ポートペローマッシュルームというのは何?

これは巨大なマッシュルームで、肉厚でジューシーなキノコです。

ボリュームがあり、噛み応えもしっかりしているので、お肉のパティ代わりにされることが多いようです。アメリカではベジタリアンやカロリーを気にするダイエッターに人気のキノコです。

シュルームバーガーの味について

クセはあまりありませんが、口の中の感覚はキノコですね。ただ、外の衣がカリカリさくさくなのでキノコの食感がちょっと苦手な人でもいけるのではないでしょうか?マッシュルームの風味もチーズであまり強くは感じませんし。

私はキノコ料理が好きで、「キノコおいし~い!」と思ったので、しっかりキノコの旨味を味わうことはできました。

また、とろーりと溶けたチーズが濃厚で美味しいです。マッシュルームからにじみ出た出汁とチーズが絡み合って絶品の味わい。

チーズはティルジッター、コルビー、モントレージャックの3種類が使われています。

ティルジッターは香りが高く、クセは強くない日本人好みのチーズです。コルビーはチェダーに似たコクのあるタイプで、モントレージャックの白色のマイルドなチーズとマーブル模様になったコルビージャックチーズが有名です。

3種のチーズを組み合わせることで食べやすさはそのままでコクは深くなり、ナチュラルチーズの風味豊かな味わいが楽しめるようになっています!チーズ好きにはたまりません。

お肉なしの野菜バーガーでも物足りなさなんて微塵も感じられません。

正直、トレーを受け取ったときは「あれ?この大きさで紙袋に入っただけなのに960円?高っ!」と思っていました。

でも食べてみて、他にはないそのおいしさに納得している自分がいました。
このシュルームバーガーはここでしか味わえないおすすめの一品です!

Shack Burger(シャックバーガー)710円(税別)

こちらはオーソドックスなハンバーガーです。

チーズバーガーをベースにレタス、トマト、シャックソースがトッピングされています。

ただし、そのパティは、シェイクシャックの目玉となる、ホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%のものです。オリジナルの配合で挽きたての牛肉を使用し焼き上げているそうです。

こちらは息子が食べたのですが「おいし~!」と完食していました。

バンズ(パンのこと)にはポテトを使っていて、やわらかくてふんわりしっとりした感じのものです。甘味が感じられて美味しいです。

パティはシングルかダブルか選べます

メニューにはSingleとDoubleの値段が表記されていて、ダブルとはパティが2枚となります。お値段はシングル+300円。

野菜は無料で増量できます

後から知ったのですが、なんとハンバーガーやホットドッグに野菜を増量してもらっても無料だそうです。

野菜大好きなので、知っていたら絶対に増量してもらったのに~とくやしい思いをしました。

ピクルス
オニオン
レタス
トマト
きゅうり

など、注文した商品に使われていない野菜を追加してもらうことはダメですが、使われている野菜を増量してもらうことができるのです。
シェイクシャックの野菜はみずみずしくって新鮮そのものでおいしかったので、増量できるのはうれしいですね。

ちなみにシャックソースの増量(無料)もできます。

無料ではないけれど、追加料金でトッピングできるものもあります。

チーズ 100円
ベーコン 200円
チェリーペッパー 100円
レリッシュ 100円

きゅうりやキャベツの甘酢づけが「レリッシュ」です。

レモネードについて

ハンバーガーに合わせるならレモネードがおすすめですよ~と店員さんに勧められました。

Freshly Made Lemonade(オリジナルレモネード) 480円(税別)

レモネードはお店で作っていて、ホームメイドの味わいです。

たっぷりの量でキンキンに冷えています。すっきりしていて飲みやすくて美味しかったです。

Featured Lemonade(季節のレモネード) 520円(税別)

今月はマンゴー味のレモネードでした!

オリジナルより甘くて、息子はオリジナルのものと飲み比べて「こっち!」とマンゴーレモネードを選んでいました。

他にも Fifty/Fifty(フィフティフィフティ)というアイスティーで割ったレモネードもありました。店員さんによると、こちらもサラッと飲みやすくて人気だそうですよ。

尚、コーヒーはありません。ホットもアイスもなしです。温かい飲み物はなかったですね。

さいごに

お店はハンバーガーショップなので気取らず、カジュアルで赤ちゃん連れのグループ、おひとり様ランチのOLさんなどもいらっしゃいます。多いのはカップル、女性のグループでした。

お値段を考えると家族で気軽に入れるハンバーガーショップとするにはわが家には厳しいです。

健康的な食事なら和定食のお店とかが安くてたくさんある梅田ですし、素材の良さ・味の良さで選ぶのもちょっと違うような気がします。

どちらかというと、話題性を求めたり、一人で利用したいときに活躍してくれそうな感じです。あとアメリカで食べたことある人が懐かしくて入るとか。

赤ちゃんはハンバーガー食べないので、赤ちゃん連れのママさんにはいいかもしれませんね。おしゃれな雰囲気なので育児疲れもリフレッシュできそうです。

普段使いには悩みますが、また行って、今度はホットドッグにも挑戦してみたいな~とは思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする