ジャックオランタンの作り方はとっても簡単 種はスーパーフード!

ジャックオランタンの作り方はとっても簡単 | 種はスーパーフードに!

ジャックオランタン

ハロウィンの飾りつけではずせないのが“ジャック・オ・ランタン”ですね。

今では季節になるとスーパーやお花屋さん、ホームセンターなどでオレンジ色のかぼちゃが売られるようになりました。

サイズも迫力のある大きなものから小さく可愛らしいものまで様々です。

好みのかぼちゃを見つけたらお化けかぼちゃを作りましょう。

スポンサーリンク
  

ハロウィンのジャックオランタンとは

ハロウィンとジャックオランタンの由来や意味を知って雰囲気作りをするともっと楽しめます!

ハロウィン(万聖節)とは

ハロウィンは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うキリスト教のお祭りです。
11月1日は成人を祭る祝日万聖節で、前夜のハロウィンは妖精や魔女が飛び回り、先祖の霊が家に帰ってくるとされています。
日本のお盆のような風習で、かぼちゃのランプは霊をお迎えするため、仮装は悪霊を追い出すためです。

ジャックオランタンとは Jack O’ Lantern

ジャックとは、アイルランドやスコットランドの言い伝えに出てくる男の名前です。
悪いことばかりしていたジャックは死んだあと、もちろん天国に行けるはずもありません。
また、悪魔をさんざんだましていたずらをしていたので地獄に行っても悪魔に追い返される始末です。
行き場を失ったジャックは暗闇の中を歩いて元の世界に戻るしかありません。
悪魔にもらった地獄の炎をカブで作ったランタンに入れ、この世をさまよい続ける幽霊になりました。

この物語りがアメリカに伝わった当時、アメリカではカボチャの生産が多かったのでカブの代わりにかぼちゃでランタンを作り飾りつけるようになったのです。

ジャックオランタンの作り方

作り始めて30分ほどで完成します。
とっても簡単なのに本格的なハロウィンの装飾ができあがります。

用意するもの

ジャックオランタン

  • かぼちゃ(外皮がオレンジ色のもの)
  • 新聞紙
  • ナイフ
  • 金属製のスプーン
  • 油性ペン
  • キャンドル(100均で売っているLEDライトでもOK)

手順

  1. 作業の前に、新聞紙を敷きます
  2. かぼちゃに好みの顔を描きます
  3. かぼちゃの底をカットします
    かぼちゃの中身をくり抜くための穴を、かぼちゃの底に空けます。
    手が入るくらいの大きさに切り取ってください。
    切り取った部分は後でろうそくを置く土台として使用するため、捨てずに取っておきましょう。
  4. ジャックオランタン

  5. かぼちゃの中身をくり抜いていきましょう
    まず種を取り出していきます。手が入るので子どもでも簡単に取り出せます!
    取り出した種はキッチンペーパーなどに包んでよけておきましょう。後で食べられます。
  6. 続いてスプーンを使用し、かぼちゃの中身をくり抜きます
    かぼちゃは観賞用でとても柔らかいので楽々削り取れます。
    丁寧にくり抜くことがランタンを長持ちさせるコツとなります。
    残念ながら中身は食べられませんので捨てます。
  7. 顔を作る
    下描きに沿ってナイフでカットしていきます。滑ってケガをしないように慎重に
  8. ろうそくの土台を作る
    取っておいたかぼちゃの底の部分にろうそくを置きます。
  9. 土台に本体をかぶせる
    ろうそくの土台が完成したら、最後に本体をかぶせましょう。これでジャックオランタンの完成です。

注意すること

買ってきたかぼちゃは涼しいところにおいておけば1~2カ月は持ちますが、くり抜いてからは3~5日間くらいしか持ちません
早目に買ってきた場合は、黒い画用紙などで目鼻を作り、かぼちゃをデコレートして楽しみましょう。
ハロウィンパーティーの直前になったらジャックオランタン作りに取り掛かりましょうね。

キャンドルは安定の良いティーキャンドルがオススメです。
小さいお子さんやペットがいて、火が危ないと思われるなら、100均で売っているLEDライトが安全です。

ちなみに私が買ってきたLEDライトは色が変わる上、点滅するタイプだったので目がチカチカしてしまって失敗しました。
(イベントやパーティーなどでは点滅タイプは華やかでいいですね。)

ランタンが完成したら乾燥させるほうが傷みにくいです。
涼しい場所、風通しの良い場所、直射日光の当たらないところで乾かしましょう。

スポンサーリンク

かぼちゃの種でオマケのおつまみを作っちゃおう

ランタンに使ったかぼちゃは残念ながら、食べられません。
食べても毒ではありませんが食用ではないのでおいしくありません。

でも種は食べられますよ。

  1. 取り出した種はザルに入れて水でよく洗います。
  2. キッチンペーパーで種の水気をしっかりとります。
  3. フライパンで乾煎りしてお塩をふればできあがり!

香ばしいナッツのようなおつまみになります。
よく煎った方が皮がパリパリしておいしいです。

シリアルに少し混ぜたり、ヨーグルトのトッピングにしてもおいしいです。

小さいお子さんは喉につまらせないように気を付ける必要があります。

かぼちゃの種の栄養
かぼちゃの種(パンプキンシード)はスーパーフードの1つとされるくらい栄養価の高いものです。
捨てるのはもったいないです。ぜひ食べちゃいましょう。

不飽和脂肪酸であるオレイン酸が含まれています。
リノール酸やビタミンE、ポリフェノールの一種であるリグナン類も貴重ですね。

さいごに

日本でもすっかり季節のお祭りとして定着してきたハロウィン。
仮装では職業系の制服やお姫様や着ぐるみと何でもありでハチャメチャな感じですが、本来はおばけや霊の儀式だったんですね。
わが家でも子どもが怖がらないように、ジャコランタンは可愛い顔になっています。

楽しく作ってハロウィンを盛り上げましょう。

Happy Halloween!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする