アクロ300をレビュー ボールペンのおすすめ!書きやすいおしゃれで女性向け

アクロ300をレビュー ボールペンのおすすめ!書きやすいおしゃれで女性向け

パイロット アクロ300
アクロインキを使ったボールペン「アクロ300」を使ってみて、そのスゴさに感激したのでレポートしていきます。

あかね
あかね

気になるところから読みたい方は
目次から見たい場所にジャンプできますよ♪

目次
スポンサーリンク

アクロ300をレビューする!

日本の文房具は優秀ですが、どうも「機能性」を重視しがちで、デザインは2の次にされている印象が今までありました。

そんなある日、本屋さんで見つけたアクロ300。

洗練されたデザインでフランス製のものかと最初思ったのですが、

いやいや、これパイロットだよ。と

made in Japan だよ!!と

驚いて早速試し書きをしてみました。

油性ボールペンだけどなめらかでダマにならない、さすが日本製の書き味です。

ノック式ボールペンで、芯を出し入れするときの音も「カチカチ」としっかりしていて気持ちいい!

芯の太さは極細0.5ミリと細字0.7ミリの2種類です。

色は黒のみですが、

アクロボールカラーの芯を入れ替えることによってカスタマイズはできます。

(アクロボールカラーは8色展開ですが、替え芯があるのはブラック、レッド、ブルーのみです。)

ボールペンのおすすめポイント 書きやすい理由

アクロ300に使われているのは「アクロインキ」で、ゲルインキのボールペンのようなスルスルとした書き心地なのですが、実は油性です。

しかも進化したアクロインキが使われています。

ゲルボールペンはサラサラ書けますが、もう少し粘りがあるのも書き心地いいんですよね。

アクロインキとは

アクロインキというのは、日本の筆記具メーカーであるPILOT(株式会社パイロットコーポレーション)が開発したボールペン用の低粘度油性インキです。

従来の油性インキに比べてインキの粘度を約1/5に抑えて、なめらかな筆記と濃い筆跡を実現させています。もちろん、油性なので耐水性もあります。

汗をかきやすい夏に使うときなどにも良さそうです。

速乾性もあるので、左利きの方も使いやすいのではないでしょうか。

ジェットストリームとアクロ300を比較すると?

同じく油性ボールペンでサラサラ書ける人気のジェットストリーム(三菱鉛筆 uni)と比べてどちらがいいかと聞かれれば、性能的にどちらが劣るというのはないです。

書き心地はどちらも申し分なしで、違いと言えばアクロインキのほうが発色がちょっと「濃い」くらい。

おしゃれなボールペンは女性向き?

同じくアクロインキを使った「アクロボール」というボールペンがあり、書き心地は最高にいいのですが、デザインが実用本位すぎです。

アクロボールの赤を愛用していますが

使いやすいですが、事務用品!って感じ。

ところが「アクロ300」はラバーグリップがなくなり、すっきりして手帳用のボールペンにぴったりです。

色の展開を見ると8色あり、パステル系がそろっているので女性に好まれそうな感じです。

3種類あるクリアカラーは知的でシャープな印象なので男性にもいいですね。

私が購入したのは白い軸のアクロ300です。

白といっても「輝くような“真っ白”さ」ではなく、「温かみのある“乳白色”」です。

ボディカラーは透明軸の青と赤がものすごく奇麗なので、最初はそちらに惹かれたのですが、白の持つレトロチックな優しさが気に入り、悩んだあげくにこちらにしました。

白はかなり控えめな高級感もあります。

高級感といっても派手さではなく、洗練さです。

アクロ300の良さをまとめると

  • 国産で書き心地とデザイン性の良さが両立するボールペン
  • ノック式でカチカチという音も心地よい
  • 油性なので事務作業も安心
あかね
あかね

高級版の「アクロ1000」というボールペンもありますが、金属ボディになっていて私はあまり魅力を感じませんでした。

高いし。

「アクロ300」0.5mm

アクロ300 0.5mmの替え芯は BRFV-10EF-B です。

「アクロ300」0.7mm 

アクロ300 0.7mmの替え芯は BRFV-10 です。

アクロボールカラー

アクロボールカラー(0.5mm)の替え芯は BRFV-10EF-(B・R・L)です。

Bが黒、Rが赤、Lが青ですね。
グリーン、バイオレット、ピンク、オレンジ、ライトブルーの替え芯はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする