ワールドワイドキッズ カードの収納アイディア|WKE アクティブカードリーダー

ワールドワイドキッズ カードの収納アイディア|WKE アクティブカードリーダー

英語学習
ベネッセのワールドワイドキッズに以前ついていたアクティブカードリーダー

受講当時は使っていなかったものの、小学生になった息子の英語家庭学習用に利用するため引っ張り出してきました。

まずは大量にあるカードを使い勝手が良いように整理し、収納してみることにしました。

スポンサーリンク

ワールドワイドキッズ カード収納のアイディア

Worldwide Kids(ワールドワイドキッズ)は、ベネッセが幼児向け英語教材で、オールイングリッシュで構成されているのが特徴です。

もともと付いていた収納ボックスは薄い紙製で、あまりしっかりとしたものではなかったのです。

そこでなにか代用できるものはないのかな?

と探してみたところ・・・100均にたくさんありました!

トレカ用の100均収納グッズがぴったり♪

これは男性ならばすぐピンとくるのかもしれませんが、トレカのコレクション用グッズや収納グッズっていろいろあるんですね。それがピッタリだと発見してしまいました!

トレカとは、男の子がよく遊んだりするトレーディングカードゲーム(TCG)のことです。

私は最初、名刺ケースだと入らないし、ハガキケースだと大きすぎるしと文具コーナーで悩んでいました。

収納ボックスがたくさんあるコーナーを見ていても、ピッタリするのないな~とあきらめかけていたのですが、もう一度文具コーナーに戻ったときにトレカの収納グッズを見つけたのです。

尚、しっかりサイズを確認しないと微妙にサイズは違います。

WKEアクティブカードリーダー用のカードのサイズは、縦 10cm ×横 7cm です。

トレカのカードより少し大きめサイズなんですよね。

トレカ(TCG)のサイズは2種類あり

  • 通常サイズ・スタンダードサイズ、レギュラーサイズ(63mm×89mm)
  • ミニサイズ・スモールサイズ(59mm×86mm)

となっています。ただし、ポケカ(ポケモンカードゲーム)は W66×H93mmです。

トレカ収納グッズには、ケースタイプやファイルタイプなどがあります。

選んだのは、一箱にたくさん入るケースがいいかな?と考えてこういった感じのものにしました。
アクティブカードリーダー

少し分類して収納してみました。

ケースは全部で5箱使いました。

このケースは上に同じ箱を積み重ねられるようになっています。

そして蓋が離れないのが微妙に便利!と、細かいところが工夫されていました。

機械本体と並べるとこんな感じです。
WKE アクティブカードリーダー

WKEのアクティブカードリーダーとは

ところで、同じようにワールドワイド キッズ(WKE)を受講されている方でもアクティブカードリーダー(Active Card Reader)って何?と思われる方もいらっしゃると思います。

実はこちらの教材は現在では付かなくなってしまったものです。

2015年3月までに申し込み・購入した人だと持っているのですが、4月1日以降に購入した人からは付いていません。

どうもあまりにも大量のカードで「管理が大変」、「子どもが一人で使いこなせない」という意見が多かったせいかアプリで配信となってしまったのです。

アプリだと便利ですが、それだと無料アプリなども今はいろいろあるので、私はこちらの玩具教材のほうがいいなと思います。

未就学児にスマホやPCを操作させるのは、壊されたらどうするの?!という不安もありますが、子ども本人も自分の機材とか持てたらうれしいだろうと思うからです。

ちなみにリーダーは1年保証がついていましたし、破損・紛失等で代替品が必要となれば追加購入もできるようになっていました。

スポンサーリンク

小1 夏休みの家庭学習で活用中

夏休みは息子が行く英語教室がお休みになります。

長期休暇は別にコースが設定されていて、別途受講料を払えば通えるのですが、暑い中遠くまで通うのは大変なのと他の習い事とのスケジュール調整が難しかったので英語は家庭学習することにしました。

といっても私はあまり上手に英語を教えられないので、短い日記を英語で書かせるくらいです。

「今日は〇〇へ行きました。」とか「△△をして楽しかったです。」レベルです。

そしてわが家には子ども用の英語辞書がないので、スペルがわからないときに自分で調べてもらう方法はどうしようと考えたのです。

(そういえばWKEのアクティブカードリーダーのカードが子ども用の英語辞書並みにたくさんの語があったな・・・)と思い出し、使ってみることにしました。

アクティブカードリーダーのカードには天気や自然、場所、感情やモノの名前とたくさんの語が入っていて、結構使えます。

WKE受講中の2歳の頃はパペットや玩具、DVD中心だったのでこちらのカードはほぼ新品!

当時はカードをバラバラにされると片づけるのが大変だという親の都合もあって、あまり使わせていませんでした。

やっと陽の目を見ることが良かった~(´▽`)

まとめ

数年前に使っていた教材なので、子どももなつかしがって遊んでいました。

親としては録音用カードに残った2歳当時の息子の声“I love you so much!”を久しぶりに聞けて嬉しかったです。

今回のカード収納はアクティブカードリーダー用に大量にある小さいカードについてでしたが、実は大きさが約2倍の大きなカードもあるんですよね。こちらは枚数が少ないので袋収納になっています。

元々送られていた時に入っていたビニール製のものを使っていますが、ジップロックなどでもいいかもしれません。

英語学習ではサイトワード(Sight Words)という学習方法が必須です。サイトワードはフォニックスと並ぶ、英語を習得するための学習方法ですがどのようなものなのでしょうか?フォニックスとの違いやサイトワードの種類、サイトワードを使って子どもに英語を教えるにはどのようにするのかをご紹介します。

英検5級で必要な英単語はワールドワイドキッズ(WKE)でカバーできるか数えてみました!

小学校低学年ですとあまり長時間机の前に座るのは難しいですよね。1日15分(平日)+スキマ時間で英検対策をしようと計画してみることにしました。 おすすめのテキストやその感想、過去問を使った勉強方法、英単語の覚え方について英検5級合格に向けて英語学習をできるように考えました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする