ほしだ園地に行ってきた!星のブランコへのアクセスと子供が歩くとどれくらいかかる?

ほしだ園地に行ってきた!星のブランコへのアクセスと子供が歩くとどれくらいかかる?

星のブランコ 吊り橋
大阪に大きな吊り橋があるのをご存知ですか?

大阪市内から車で1時間半くらいのドライブで気軽に行ける場所にあり、子連れでのハイキングや、デートにおすすめです。

紅葉やお花見のシーズンは人気が高く、混雑するのでちょっと時期をずらして行ってきました。

さっそくレポートしていきます♪

あかね
あかね

気になるところから読みたい方は
目次から見たい場所にジャンプできますよ♪

目次
スポンサーリンク

ほしだ園地に行ってきた感想

前から行ってみたかった「ほしだ園地」の吊り橋、“星のブランコ”!

木床板人道吊り橋(もうしょうばんじんどうつりばし)としては国内最大級を誇ります。

標高180m、全長280m、最大地上高50m!!

高所恐怖症の人にはおすすめできない物件。

スリル満点な吊り橋からは広葉樹の森が広がる光景を見ることができます。

気分は空中散歩!

意外だったのは、駐車場です。

「人気スポットで駐車場が混んでいる」という情報があったのですが、時季と時間をちょっとはずすとすんなり停められました。

そして思ったよりも駐車場から吊り橋までの道のりがハード!

山登りとまではいきませんが、“しっかりハイキング”といった感じでしたよ。

園内の様子はまた後ほど写真とともにゆっくりご案内しますね!

ほしだ園地の基本情報

ほしだ園地があるのは交野市(かたのし)の私市(きさいち)です。こちらの地名は関西圏に住んでいないと読めないかも。

名称 大阪府民の森 ほしだ園地
よみがな おおさかふみんのもり ほしだえんち
住所 〒 576-0011
大阪府交野市大字星田5019-1 地図を見る 
電話番号 072-891-0110
最寄駅 京阪電鉄「私市駅」
マップコード 11 608 274*77
営業時間 ピトンの小屋・登はん施設・駐車場9:00~17:00
星のブランコ9:30~16:30
園内の散策などは時間制限はなく、自由に入園・利用できます。
定休日 火曜(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月4日 ※4、5、10、11月は火曜も開園

星のブランコへのアクセス方法は?

星のブランコのある「ほしだ園地」への行き方です

ほしだ園地のアクセス 車で行く場合

第二京阪道路交野南ICから国道168号経由約5kmです。

ほしだ園地の駐車場について

春と秋の土日祝日及びGWは大変混雑しますので、入場できないことがあります。

駐車場前は国道になっており、駐車場の空き待ちをするために路上で駐車することはできません。

駐車場にはライブカメラが設置してありますので、混雑状況を随時確認することができます。

ライブカメラの映像はコチラ

国道168号を走っていると駐車場は右手に見えてきます。

ほしだ園地の駐車場入り口
ほしだ園地の駐車場入り口
私たちが訪れたのは日曜の午後1時頃(9月)

まだ紅葉などは始まっていなかったのと、朝から来ていた方たちが帰り始める時間だったので、すぐに駐車できました。

ほしだ園地の駐車場の広さ
ほしだ園地の駐車場の広さ
駐車場は普通自動車が88台できる広さです。

駐車料金は1時間200円です。

尚、大型バスは1時間600円となり、4・5・10・11月の土日祝日は駐車できません。

ほしだ園地駐車場の割引や利用料金の免除について

クライミング年券及び日券利用の方は駐車場料金が割引されます(1日1回限り)。

利用料金の免除

駐車場、クライミングウォールが全額免除となるのは、以下に該当する方及びその介護者の方です。

・身体障害者手帳、精神障害者保健手帳、療育手帳を所持されている方

・特定医療費(指定難病)受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証、被ばく者健康手帳を所持されている方

ほしだ園地のアクセス 電車で行く場合

京阪電鉄私市駅からハイキングコース(環状自然歩道、かわぞいの道)で徒歩40分

  

スポンサーリンク

星のブランコには子供の足でどれくらいで行ける?

駐車場から木製トレイルを通り、まずは管理事務所のピトンの小屋を目指しましょう

ほしだ園地の木製トレイル

途中に植物や樹木の説明カードがたくさん表示されていますよ

そしてどんどん進むと、「ようこそ国定公園 ほしだ園地へ」の看板があります

ほしだ園地 ボードウォークの看板

ピトンの小屋に到着です!
ほしだ園地のピトンの小屋
ほしだ園地の駐車場からピトンの小屋までは歩いて10分くらいでした。

ピトンの小屋には案内所があり、休憩室になっています。


私たちはちょっと軽食をつまみました。

焼きそば、フライドポテト、唐揚げです。

ピトンの小屋にはドリンクやアイスクリームの自動販売機もあります。

水筒持ってきていない方は飲み物をここで購入しておきましょう。

また、ベビーカーでは星のブランコまで行くのは無理なので、ピトンの小屋で預かってもらいましょう。

そして小屋の前にはすごい高さで迫力のクライミングウォールがそびえ立っています。

クライミングウォール
ほしだ園地のボルダリング設備

こちらは1997年(平成9)、なみはや国体の登はん会場となったクライミングウォールです。

利用できるのは小学4年生以上です。

施設利用講習会を受講して受講済証の交付を受けた人を含めたグループで申し込む必要があります。

(より詳しい情報はほしだ園地の公式サイトでご確認くださいね)

クライミング体験ゾーン

小さい子や初心者、誰でも利用できるミニクライミングもすぐ横にあります

ピトンの小屋内にも体験ゾーンがあります

ほしだ園地のトイレ
ほしだ園地のトイレ

園内のトイレは2か所です

こちらは駐車場から歩いて10分くらいのところにあるトイレです(ピトンの小屋のすぐ横)

めずらしい泡で流すタイプでした(不思議な感じがしました~~)

車いす対応のトイレもありますよ。

もう一か所のトイレは、やまびこ広場にあります。

ピトンの小屋から星のブランコまでは「ぼうけんの路」を通って、吊り橋を目指しました。

ぼうけんの路 入口
ほしだ園地 ぼうけんの路

ぼうけんの路は結構急な階段になっています。

ぼうけんの路 階段
砂で滑りやすいので気をつけて登りましょう。

ここは階段を下る方がちょっと危ないかもしれませんね。

途中で休憩できるベンチが何か所かありますので、無理せず休み休み登りましょう。

そして絶景の待っている“星のブランコ”にようやく到着です。

星のブランコ(吊り橋)
星のブランコ 吊り橋

ピトンの小屋から吊り橋までは約30分かかりました。

想像していた以上に大きな吊り橋に大興奮の私と息子。

一方、夫は無口に・・・笑

結局、私と息子二人で吊り橋を渡って、向こう側についたらUターンして戻ってきました。

そして帰りの途に。

吊り橋からの帰りの道は「ほしだ園地管理道」を通りました。

結構ゆっくりと歩いたのですが1時間半ほどで戻ってこれました。

今回は小2(8才)の子どもを連れてのハイキングとなりました。

現地に着くと、うちの子よりもっと小さい子(4~5才くらい)の子も元気に歩いていましたよ。

足ひやし場
足の冷やし場 小川

途中には「足冷やし場」があり、きれいな小川の水でほてった足を冷やしてリフレッシュできました。

あめんぼやカニなどがいて子どもたちが楽しんで遊んでいました。

ほしだ園地(星のブランコ)の近くのカフェ

ほしだ園地の帰りに近くのカフェ『おじいさんの古時計』に寄りました。

ほしだ園地近くのカフェ

こちらのお店では、古時計(100年以上の前のものも!)が壁一面に掛けられ、カントリーミュージックが流れる店内でのんびりとおいしい軽食やケーキ、コーヒーなどが楽しめます。

居心地の良い可愛らしいお店でおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする