大阪城公園の桜の見ごろと行き方やライトアップされる場所の情報

大阪城公園の桜の見ごろと行き方やライトアップされる場所の情報

大阪城
(この記事は 2019年3月20日 に更新しています。)

大阪でお花見の名所というと「大阪城のお花見」一番人気です。

約3000本の桜がある大阪城公園は広い園内のどこからでも桜を見ることはできるのですが、

どこに行けば一番キレイに桜が見えるのか、いつ行けば見頃で満開の桜に出会えるのか、お花見に出かける前は気になりますよね。

今回は

  • 大阪城公園の桜の見頃の期間やアクセス方法
  • 桜を見るのにおすすめの場所の情報
  • 桜のライトアップや屋台がでるのはいつどこで?

といったことについての情報をお届けいたします。

スポンサーリンク

大阪城公園の桜の見頃の期間は?

桜の開花と満開の時期、見頃について
開花予想日 2019年3月29日(金)
満開予想日 2019年4月 4日(木)※2019/03/20更新
例年の見頃 3月下旬 ~ 4月中旬 

大阪城公園の基本情報

所在地:大阪市中央区大阪城
電話:06-6755-4146(大阪城パークセンター)
公園は24時間オープンで無料ですが、大阪城天守閣と西の丸庭園は除きます。

大阪城天守閣

入館料 大人600円 中学生以下無料(要証明)
桜のシーズンは開館時間延長されます。(通常は午後5時まで)
特別延長期間:平成31年3月23日(土)~4月7日(日)
午前9時~午後7時(入館は午後6時30分まで)
【お得情報】
OSAKA PiTaPaカード、エンジョイエコカードを提示すると、大人 600円→540円になります。

公共交通期間でのアクセス

最寄駅

JR西日本

大阪環状線「大阪城公園駅」「森ノ宮駅」徒歩18分

JR東西線「大阪城北詰駅」徒歩21分

大阪市営地下鉄

谷町線「谷町4丁目駅」1-B番出口から徒歩19分 「天満橋駅」3番出口から徒歩18分

中央線「谷町4丁目駅」9番出口から徒歩10分 「森ノ宮駅」1番出口、3-B番出口から徒歩18分

長堀鶴見緑地線 「森ノ宮駅」3-B出口、「大阪ビジネスパーク駅」1番出口から徒歩18分

京阪電鉄

「天満橋駅」から徒歩18分

※徒歩の時間は駅から天守閣までの時間です。

大阪水上バス

「アクアライナー」(遊覧船) 大阪城港

車の場合

神戸方面から:阪神高速法円坂出入口から中央通り、玉造通経由すぐ

東大阪方面から:阪神高速道路森ノ宮出口からすぐ 

大阪公園の駐車場(2か所)

大阪城公園前駐車場

  • 台数:171台
  • 料金:8:00~22:00(1時間350円)、22:00~翌8:00(1時間150円)
  • 年中無休

森ノ宮駐車場

  • 台数:100台
  • 料金:8:00~22:00(1時間350円)、22:00~翌8:00(1時間150円)
  • 年中無休

観桜時期はとても混雑して駐車場に入るのに渋滞ができるほどです。電車やバスの利用をおすすめします。

大阪城公園で桜の場所はどこがおすすめ?

大阪城公園内は、ほぼ全域に桜が植えられており、堀回り、梅園周辺、豊国神社周辺などあちこちに咲いています。

大阪城公園を一周するだけなら所要時間は1時間半くらいです。(休憩や天守閣に昇る時間などは含まれていません。)

桜が綺麗だと有名なのは西の丸庭園でこの中だけでも300本の桜の木があります。入場料が必要ですが一番のおすすめです。

西の丸庭園について(おすすめのお花見スポット)

基本情報
観桜期間:3月23日(土)~4月14日(日)
開園時間:9:00~21:00 ※入園は20:30まで
入場料:大人 350円 (通常200円)
※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上(要証明書提示)、障がい者手帳を持っている方は無料
※再入園は1回のみ可(半券が必要です。なくさないようにしましょう。)

西の丸庭園は、天守閣の西にあり広さ約6.5haの約半分が芝生におおわれています。
ソメイヨシノを中心に約300本の桜が植えられており、桜と大阪城の天守閣が綺麗に見えるベストポジションでお花見を楽しむことができます。
バーベキューも禁止なのであの臭いで気分が台無しになることもありません。

そして、大阪府の桜の開花宣言は西の丸庭園内にある「桜の標準木」の咲き具合で行われていますから、開花情報が誤差なく確認できます。

また大阪城公園は24時間出入り自由ですが、ここは9:00からしか入場できませんので、早朝から場所取りで埋まってしまうということはありません。

ただし園内一番人気のお花見スポットなので開場してからはだんだん人が多くなります。西の丸公園内でも特に人気があるのは桜が密集している奥のほうの地帯です。

ベンチもありますが数に限りがありますので、シートをもってくることをおすすめします。

西の丸庭園への行き方

大阪城公園へ向かう場合、通常は森の宮か大阪城公園駅なのですが、西の丸庭園入口に最も近いのは「谷町4丁目駅」となります。

もしくは、大阪駅から【62系統】の市バスに乗り、「大手前停留所」で降りましょう。

大阪城公園の大手門から入り、多聞櫓(たもんやぐら)経由で「西の丸庭園入口」に向かいます。

西の丸庭園内にある見どころ

大阪迎賓館には休憩室があります。ここは靴を脱いで入ってくださいね。「黄金の茶室」のレプリカがあります。裏にあるトイレはお城風の造りです。(お花見の時期はかなり混んでいます。)

重要文化財の千貫櫓(せんがんやぐら)、乾櫓(いぬいやぐら)、焔硝蔵(えんしょうぐら)もありますよ。

西の丸庭園以外のおすすめ桜情報

本丸広場(ほんまるひろば)
日本庭園もあり、たこ焼き・からあげなどのケータリングカー(屋台)も出ています。

極楽橋(ごくらくばし)
橋と天守閣、桜に遊覧船が同時に楽しめる人気の撮影スポットです。

桜門(さくらもん)
その名の通り門の近くにはみごとな桜並木が存在します。空堀に向かって桜の枝が伸びて美しいですよ。

大阪城子供天守閣(おおさかじょうこどもてんしゅかく)
桜が綺麗というよりは遊具で遊ぶ子供の笑顔が満開です!もちろん桜も咲いています。
森ノ宮駅からすぐですし、近くにトイレもあるので子どもと一緒にお花見がてら公園に行きたいという方におすすめです。
ここのローラー滑り台はとても長いので結構おしりが痛くなります。段ボールがあると吉です。

大阪城音楽堂西側
西側の道に桜並木が続きます。

記念樹の森

バーベキューが許可されているのはここのエリアのみです。団体での宴会にはこちらがおすすめです。ただし毎年場所取りが熾烈です。

※ 追記 大阪城公園でのバーベキューは全面有料化になり予約制となりました。詳しくは別の記事でご紹介しています。

2018年から大阪城公園でのお花見時期のバーベキューは全面有料化となりました。エリアや実施期間と利用時間が指定され、事前支払いの完全予約です。 では実際いくらくらいかかるのか、予約はどのようにすればいいのかなどをご案内いたします。
スポンサーリンク

大阪城公園の桜のライトアップや屋台がでる期間は?

ライトアップは夕方6時より西の丸庭園で行われます。

芝生広場に組まれたやぐらからの投光器は、戦国感覚だと思います。(・・・たぶん^^; ぼんぼり(提灯)やスポットライトも投入されますのでご安心ください。)

また西の丸庭園内にも屋台が少しでますし、大阪城公園中いろんな場所でたくさん出ます。

そして2017年(平成29年)に大阪城公園にオープンした商業施設も2つあるので、レストラン・カフェ・おみやげ物屋さんに困ることはありません。

観桜ナイター(西の丸庭園ライトアップ)
期間 :2019年3月23日(土)~4月14日(日) 
定休日:観桜ナイター期間中は無休
時間:18:00~21:00 (入園は9:00~20:30)

大阪城天守閣は日没から午後11時までほぼ毎日ライトアップがあります。
日没後から約1時間かけて徐々に点灯されます。

大阪はこの時期花冷えします。夜桜鑑賞を楽しまれる予定の方は暖かくしてお出かけください。

レストランやカフェのある施設


「JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス オオサカ)」

22のレストランやカフェが入った新しい大阪城公園駅前の商業施設です。
営業時間:7:00~24:00(予定)※店舗により異なるので注意です。
最寄駅:JR環状線「大坂城公園駅」徒歩1分 F棟2階に直結しています。

「MIRAIZAOSAKA-JO(ミライザ大阪城)」

大阪城本丸広場の旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)を改修して造られた施設で、5つのお店が入っています。
1階には無料の展示室もあり、お店も気軽に入れるのですが、2階と3階及びRF(屋上)にあるレストランは太閤価格なのか、かなり強気のお値段です。予算一人1万円くらいです。ランチだと5000円くらいかな。
天皇陛下の貴賓室カフェ、豊臣秀吉の黄金の茶室バー(←正式名称ではありません)とか贅沢な気分が味わえるところです。

屋上にあるBLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE(ブルー バーズ ルーフトップ テラス)は天守閣を見ながらバーベキューができます。期間限定営業です。(2019年3月1日~10月31日)

大阪城公園内移動交通システム

広ーい園内を移動するのに便利です。

ロードトレイン

汽車の形をしていて子どもが喜びますよ
営業時間 9:30~17:00
定休日:毎月第一月曜日(祝日の場合は翌日)

路線
コース1 森ノ宮駅 = ジョー・テラス・オオサカ インフォメーション前駅 = 駐車場前駅 = 極楽橋駅 = 豊国神社前駅
コース2 森ノ宮駅 = 極楽橋駅 = 豊国神社前駅

※駐車場前駅は車椅子の方専用です。

運行時間 約20分間隔
※運行時刻は各停留所で案内があります。 

乗車料金
大人(中学生以上)   片道 ¥300 / 往復 ¥500
こども(4歳以上)   片道 ¥200 / 往復 ¥300
大阪城天守閣に行かれる方は終点「豊国神社前駅」で下車しましょう。

エレクトリックカー

クラシックな車で移動できます。

路線
9:30~17:00  豊國神社前 = 桜門 = 大手前 = 馬場町

運行時間 約10分間隔
※運行時刻は各停留所での案内となります。

乗車料金
大人(中学生以上)    1回券 / ¥200
こども(4歳以上)    1回券 / ¥100

ロードトレイン、エレクトリックカー利用の際の注意事項

※天候・気温等の状況またはイベント開催時には、時間を変更する場合があります。
※公園内の混雑時等には運行を中止する場合があります。
その場合は各駅でお知らせが表示されます。

お花見期間の混雑状況によっては運行されないかもしれませんので注意しましょう。

さいごに

年々人出が多くなっている大阪城公園ですが、新しい施設ができたり、公園内移動交通システムが整備されたりして便利で楽しい場所になっています。

外国人観光客も増えていますし、子どもを連れたファミリー層にも人気が高いです。

混雑はしますが、広々とした公園ですのでどこかしらシートを広げてお花見するのは可能ですし、のんびり過ごせる場所もみつかりますよ。遅咲きで4月中旬まで楽しむことができる八重桜もあり(内堀と東外堀の間の玉造口付近)、長く楽しめるのもうれしいですね。

帰りの駅の改札や電車はごった返すこともありますので余裕をもって帰宅の途につくようにしましょう。

大阪城関連の記事

今回は大阪城を半日観光するおすすめモデルコースをご紹介します。また最寄り駅別の利用の特徴や大阪城観光後に組み合わせられる観光スポットへの移動の案内もあります。
2018年から大阪城公園でのお花見時期のバーベキューは全面有料化となりました。エリアや実施期間と利用時間が指定され、事前支払いの完全予約です。 では実際いくらくらいかかるのか、予約はどのようにすればいいのかなどをご案内いたします。

関西のお花見情報はこちらもどうぞ♪

お花見の時期に気になる、大阪記念公園での桜の開花や満開の見ごろの時期、桜まつりやライトアップの夜桜を楽しめる時期の情報についてご案内いたします。 また桜の時期限定のバーベキューや公園までのアクセス方法などもご紹介しています。
こちらの記事では、夙川の桜の種類の紹介やお花見をするのにはどの駅からがおすすめかといった情報が満載です。 また、ランチのテイクアウトにおすすめのお弁当屋さんやパン屋さんについてもご紹介いたします。 毎年行われている 西宮さくら祭の情報についてもご出発前にぜひご確認ください。
夙川でお花見をしたいけど、どこからスタートしてどこを歩けばいいのかわからないという方。 桜を楽しむと同時に西宮のこの地に縁のある文学やアニメのお話しをしながら、途中一息つけるおしゃれなカフェでお茶をしたりできるコースはいかがですか?公園や磯での遊び、美術館や図書館で教会などの周辺施設も紹介します。 夙川おすすめ桜と文学満喫コースへ出かけましょう。
人気急上昇!京都八幡の淀川河川公園でのお花見は、関西の行ってみたい桜名所ランキング第1位です。 早速、淀川河川公園背割堤地区の桜情報やアクセス方法、駐車場事情などを確認しましょう。 おすすめの撮影ポイントや平成29年3月にオープンした「さくらであい館」についての情報もありますよ。
今回は淀川河川公園背割堤地区の桜の時期のバーベキュー情報や、お花見のついでに訪れたい周辺の観光スポット、八幡市名物の料理やお菓子についてご紹介いたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする