インフルエンザに関する記事のまとめ

インフルエンザに関する記事のまとめ

インフルエンザに関する記事
こちらは『インフルエンザ』に関する記事のまとめページです。

インフルエンザ記事の一覧

インフルエンザのいろいろな症状の場合の記事

インフルエンザは薬なしでも熱は下がるのかと自然治癒の方法と期間
インフルエンザで熱がぶり返したときは病院に行くべきかその原因は?
インフルエンザの症状の子供の場合の特徴と受診やホームケアの注意点
インフルエンザB型でも平熱?A型とのちがいと出勤停止期間はどうなる?
インフルエンザが1日で治る?熱が下がると解熱後何日目から外出していいの?

インフルエンザの対策や予防に関する記事

インフルエンザになった家族からうつらない方法 | 感染確率と隔離期間
インフルエンザ予防接種は今からでも間に合う?流行の時期と判断の仕方
インフルエンザ予防接種の1回目2回目のスケジュール調整の困りごと

インフルエンザの症状はいろいろあります

高熱が出るばかりがインフルエンザではありません。
症状が軽い、症状が出ないといった隠れインフルもあります。

そんなインフルでの(こんな場合は・・・?)というシーンのひとつがあればご参考にしてください。

体調が悪く(もしかしてインフルエンザかな?)と思っても事情で病院にはなかなか行けないこともあります。幸い症状はそれほどつらくなく、どちらかというと病院に行く方がかなり大変という場合はできればこのまま自宅で治したいと思う気持ちは理解できます。 しかし、万が一インフルエンザだったらこのまま薬なしで治るのかどうか不安ですよね。 今回は薬なしでもインフルエンザは自然治癒するのかどうか、治す方法があるのかというところをお話ししたいと思います。

インフルエンザになると必ず病院にかからなければならないというわけではありません。
逆に病院にいっても検査ができない場合もありますし、治療薬がもらえないこともあります。
自然治癒の場合、その方法とどれくらいの期間でよくなるのかについての記事です。

インフルエンザにかかると38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。 こういった症状はよく知られているのですが、熱がぶり返すことはあるのでしょうか。 受診してインフルエンザと診断され、薬を飲み、安静にしていてもまた熱が上がったのならそれは違う病気なのでしょうか。

せっかく熱も下がり、症状も落ち着いてきて胸をなでおろしたと思ったらまた熱が上がってきてしまったときはまた病院に行くべきなのか迷いますよね。
再受診が必要なのはどうのような様子のときなのでしょうか。

インフルエンザが猛威を振るう季節に子供が発熱すると、ただの風邪なのかインフルエンザなのか気になりますよね。 インフルエンザの場合ですと、抗インフルエンザウイルス薬は発症後48時間以内に投与を開始しないと効果がないので早目の受診も大切です。 大人とは違った子供特有のインフルエンザの症状や気をつける点、受診のタイミング、ホームケアのポイントなどを確認しましょう。

インフルエンザと風邪の症状のちがい、そして子どもの場合の特徴についてご案内しています。

インフルエンザには種類によっては、高熱が出ないケースもあるのです。 風邪だと思って医療機関を受診すると「インフルエンザB型ですね。」と告げられてびっくりしたという人は多いです。 この記事では、インフルエンザで熱が出ない原因や、B型とA型の症状の違いや特徴、熱が出ないから会社に行っていいの?という疑問について説明いたします。

一般的に「症状が重症であるのがインフルエンザ」と思っている人が多いのですが、中には“隠れインフル”といって熱が出ないこともあります。

「隠れインフル」と呼ばれる発熱しないタイプのインフルエンザ(B型に多い)が流行っているときには注意が必要です。 インフルエンザが1日で治ってしまうことはあるのでしょうか? 1日で熱が下がればいつものように活動したり、外出しても構わないのでしょうか? 仕事に出るのは解熱後何日目からとなるのでしょうか? こういった軽くすんだインフルエンザならではの悩みを考えてみましょう。

幸い1日で熱が下がり、症状も軽くすんだインフルエンザ。
本人は治ったと思っていても、会社や学校へはすぐ行けるのか迷いますよね。

インフルエンザの対策や予防に関する記事のご案内

治療はお医者さまにおまかせするとして、家族で一人インフルになったら感染が広がらないようにケアしたりと家族みんなに関わってくることになります。

なにより大切なのはインフルエンザにかからないように予防することです。
インフルエンザには予防接種がありますが、自費ですし、どんなタイミングがいいのか悩むところですよね。

家族がインフルエンザになったからといって家族全員が必ずしもインフルエンザにかかるわけではありません。 インフルエンザが感染する確率 いつからいつまで感染に気をつけて過ごすべきか 家庭内ではどのような方法をとればよいのか といったことを知って、家族間でうつさないように対策をしましょう。
インフルエンザの予防接種を受ける予定が、体調をくずしたり、多忙であったりして年内に受けそびれることもありますよね。今から受けても効果が期待できるのであれば受けたいと思う人もいるでしょう。 今回はインフルエンザ流行のシーズンに入ってしまった予防接種は受ける意味があるのかどうかについてです。
子どものインフルエンザ予防接種は2回受けないといけません。1回目と2回目の間隔も考えて接種のスケジュールを調整する必要があります。 いつ開始して、いつまでに2回目を済ませるのが良いのでしょうか。 また、体調や年末年始のお出かけ、病院側のワクチンの確保状態などによって思うように打つタイミングを合わせられないときはどうすればよいのでしょうか。

ご挨拶

毎年やっかいなインフルエンザには悩まされますね。

なかなか完璧な予防というのもむずかしいので、取り入れられるものから対策をとるようにはしていますが、私も毎年この季節になると憂鬱です。

ご参考になる記事があれば幸いです。

この度は『インフルエンザ』に関する記事にご興味を持っていただきありがとうございました。

新たな記事は、投稿後すぐにはこちらに反映されないこともありますが、順次作業を進めております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする